株式会社 TRD東北|建設機械、削岩機のことなら

会社概要

会社概要

株式会社TRD東北 代表取締役 坂本公二

御挨拶

さく岩機一筋に半世紀―。その意志を受け継ぎ、分離独立して30余年。
前身は、広島・マツダグループの東洋さく岩機(TOYO ROCK DRILL)。これまで、鉱山開発からダム工事、宅地造成工事や空港・道路工事、さらには「青函トンネル」といった世紀の大事業にも関わってきました。
現在はその経験を活かし、さく岩機の技術を取り入れた工場用機械の設計・製作にも力を入れております。当社のさく岩機の技術を活かした産業用省力化機械(製錬部門)は、特許も取得しています。
突き進む仕事をまっすぐに―。
今後もたゆまぬ努力を重ね、地域社会と共に、時代のその先へと突き進んで参ります。

株式会社TRD東北 代表取締役 坂本公二

会社概要

会社名 株式会社TRD東北
所在地 〒017-0012 秋田県大館市釈迦内字上袋5番9号
tel. / fax. tel. 0186-48-2140 / fax. 0186-48-2199
創業 1987年3月3日
資本金 8,000,000円
社員数 8名
業種 土木建築・鉱山砕石用機械の販売及び修理、消耗品の販売、リース・レンタル
主要受注先 大平洋金属(株)、八戸セメント(株)、地元A級土木・建築業者、東北6県の砕石場、主要商社

沿革(東洋さく岩機時代からの歴史)

1935年10月 さく岩機の生産開始
1966年1月 空圧クローラードリル市販開始
1971年9月 青函トンネル本工事着工。前例のないさく孔事業に関わる(1987年 青函トンネル完成)
1980年 油圧クローラードリル市販開始
1982年11月 油圧ブレーカー市販開始
1987年3月 東洋さく岩機販売(株)より分離・独立。「有限会社 東洋さく岩機 大館」設立
2006年10月 社名を「株式会社TRD東北」に改める
2006年11月 製鉄・製錬工場向け省力化機械の開発に着手。
2008年2月 製錬工場機械「原料自動供給装置」を開発(2018年現在、93台が稼働)
2008年5月 遠隔操作式の半自動さく岩機 開発
2008年10月 製錬部門納入機器の特許取得
2009年4月 本社社屋・工場 建設
2016年3月 TRD東北 創業30年を迎える